お家の方とピアノ 上手なかかわり方は?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

教室を長くやっていると、色んな生徒さんがいらっしゃいます。
 
年齢層も様々で、大人の方なんかは、ピアノを始めた理由も、家庭の事情も様々。
 
そして、子どもたちも、それぞれの個性に加えて、学年が変わるごとの環境の変化や、友達関係。
反抗期や思春期で親の言うことはおろか、私の言うことにも返事もしない子もいます。
 
もう、
家で完璧に弾いてきます!
って人の方が少ないし、レッスンは楽なんですが、
そんな生徒さんはかえって心配なこともあります。
 
おかあさんとこども
 
小さい頃からキッチリ練習してくる子に限って、ピアノをやめるときも、キッチリ、スッパリ、バッサリ。
 
小さい時のレッスンは、家で完璧に弾けなくてもいいし、
乗り気でなければ無理させることもないと思います。
 
でも諦めずに、時々、
〇〇ちゃんが弾いてるあの曲、聴いてみたいわ!
なんて声をかけていただければありがたいです。
 
その時に、運良く?弾いてくれれば、下手くそでも、
 
難しい曲を頑張ってるんやね、とか
お母さん(お父さん、おじいちゃん、おばぁちゃん)が小さいころは、そんな曲弾かなかったわ、
 
など、自分の子どものときを引き合いに出して褒めてあげてください。
 
そして、間違っても、
そこちがう、こうやってみー。
 
なんて教えないでください。
 
だってママがこうしなさいって言ったー。
 
って聞くこともしばしば。
 
 
 
周りが間違いを指摘して直してしまうと、
本人は、教えてくれるからいいや、と
注意深く譜読みをやめてしまいます。
 
 
先生は、できてるからわかってるのね、と
誤解してしまいます。
 
 
特にピアノ経験のあるご家族は、
間違って弾いているのは気になるでしょう。
 
でも、我慢して知らんぷりしてくださいね。