ピアノ練習曲集の使い方 取り組み方

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノにも練習曲はつきもの。

ハノン、ツエルニー、ショパン、

限りなく練習曲集があります。

ハノンツエルニー

取り掛かる前に、「何を課題としている曲なのか」を考える必要があります。

 

何を目的に書かれた曲なのかな?

指の練習用に書かれている練習曲集、例えば「ハノン」「ピッシュナ」「クラーク」などはそれぞれ、フィンガートレーニングやスケール(音階)アルペジオ(分散和音)など、

徹底的に繰り返したり、似たようなパターンがたくさん出てくるという特徴があります。

なので、課題もわかりやすいかもしれません。

チェルニーなどの練習曲はそれぞれの曲で学ぶことがあります。

徹底的にスケールが出てくる場合、左手重視の場合などはわかりやすいです。

1曲に複数の学習ポイントが含まれていると、わかりづらいかもしれませんね。

エチュードを使用せず曲の中で課題を抜き出してレッスンをする、ということもできます。
ただ、学習内容がコンパクトにまとめられた曲であるエチュードを適宜取り入れる。

 

そのほうが曲だけをやっていて煮詰まったとき、悪戦苦闘して抜け出せないことで「この曲もうやりたくない」とはならないかな、と、生徒さんを見ていると感じます。

「何を目的に」というのは、練習曲のレッスンの時 私が生徒さんにしている問いかけです。