ベートーヴェンの面白いお話

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ベートーヴェンのコーヒーにまつわる話。

 

ベートーヴェンは大のコーヒー好きだったそうです。

いかにもベートーヴェンらしく、毎日飲むコーヒーを淹れるのに使うコーヒー豆の数を、きちんと60粒と決めていたという、有名なエピソードがあります。

ベートーヴェン

あの大作曲家がコーヒーを淹れるたびに一粒一粒コーヒー豆の数を数えていたなんて、想像するとちょっと可笑しくもあります。

ベートーヴェンならありそうな話です。

それで、我が家で淹れるコーヒーは一体何粒なのか、私も数えてみることにしました。

もちろんこれまでそんなこと数えてみたことありません。

 

コーヒー用のメジャーに一杯すくって一人分という、いたって普通の淹れ方をしています。

ではその普通の一杯にコーヒー豆が何粒入っているか、数えてみましょう。

 

 

・・・でもうちは コーヒーミルがないので、豆で買ってきたらいれられません・・。

 

 

そういえば、ベテランのすし職人さんは、シャリを握るとき、

いつも同じ米粒の数だというのを見たことがあります。

 

 

こちらは、コーヒー豆よりも数えるのも大変です。

 

いぜん、ファミリーレストランで働いたことがあります。

やはりベテランパートさんは、どんぶりによそう ご飯の量が

いつも同じでした。

 

もちろん、米粒の数ではなく、重さですけどね。