本番で演奏して、スキルを自分のものに

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

生徒さんには人前で演奏する機会を多く持ってもらいたいです。

 

普段のレッスンでは、取り組んでいる課題がクリアされれば次に進みます。

本番で演奏する曲は、さらにそれを自分のものにするまで練習を積みます。

 

2,3月はグレードテストに8名が参加します。

2月受験のるりちゃん、ことねちゃん、ゆうりちゃんは合格しました。

 

3月はそのほかにピティナステップがあり、みさきちゃん、えみりちゃん姉妹が参加します。

 

6手連弾 ギロック作曲すずめ。

 

過去にも6手連弾をこのメンバーでやったことがあり、4手とはまた違った楽しさがあって

機会があれば取り組んでいます。

 

この曲は3人に難易度の差があまりなく、小さいえみりちゃんがどこまで頑張れるかがカギです。

 

3月下旬が本番で、この日が3人で初合わせでした。

実はこの動画、最初のえみりちゃん(一番高音)のポジションが

1オクターブ高すぎました。

 

あとで動画を見て気づいたのですが、そのせいで途中で場所がわからなくなっています。

 

連弾も立派なアンサンブルなので、お互いに合わせる気持ちがないとうまくいきません。

この日も、途中でえみりちゃんが、音がわからなくなったのを

みさきちゃんが手で示して教えてあげていますね。

 

 

レッスンはあと3回。

かなり厳しいので、お家でも合わせてもらわないといけません。

 

この曲では、レシド レシド レシド レシド・・と

テーマを何度も繰り返します。

 

私「例えばお母さんに片づけなさい、ていわれるとき

 

  かたづけなさい

 

  かたづけなさい

 

  かたづけなさーい

 

みたいになるでしょ、だからピアノもそういう風に演奏するよ、といったら

納得しつつ。

 

 

みさきちゃん

「最近お母さんは、いきなり

 

かたづけなさーい

 

だよ。そうすると、お父さんも弟もみんなびくーってなるの」

 

 

・・・・そうなのね。

かたづけましょうね。