一番重要な指使いは何?

 

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

指使いを変えるだけで

あら不思議、、、

難しいと思っていた部分が弾けるようになった経験、ありませんか?

指使いが直らなくて苦戦している子、少なくないと思います。

特にスケール(半音階も含め)、アルペッジョは、小さな頃から徹底して指使いを習得しておいたほうがいい!!(できることなら)全部の調で。

曲の多くの箇所に、スケール、アルペッジョが登場します。
はじめにこの基礎を入れておくと、譜面をみて、指使いの予想ができます。
もちろん例外もありますが!

そしてもう1つ

譜面に書いてある指使いがどうしても弾きにくい場合は、その部分を分析して、自分の指を見つけること!!

弾いていて違和感がある部分は、体や腕の使い方、手首の向きや高さがはまっていない時があるのですが、その他に、指使いが原因であることがあります。

例えば、昔は“1の指で黒鍵を弾かない”と、習った方も多いと思います。
でも、1の指で何故黒鍵を弾いてはいけないのか?
使った方が効果的なこともあるのです!

ポイントは、ただ闇雲に何も考えずに自己流指使いにするのでなく、「こうこうこうだから、この指をここで変えたい」と説明できたらいいのかな、と思います。

ピアノを教えるようになってから、昔習った色んな曲を掘り起こして練習し直しました。

特に最近はバッハ。インヴェンション、シンフォニア、平均律は、様々な版で、指使いが随分違うところがあります。

編集している方が違うから当たり前のことですよね。

人の手はそれぞれ違う。

経験を積んでいくと、“音型と指使いがリンクしてくるな”と。
それがリンクしてくると、譜読みの時間が少しだけ短縮されたような気がするのです。(実際はどうだか分かりませんが!)

指使い、奥が深いです。
最近大量の譜読みがありまして、それを進めていて思うのです。

音型と指使いをリンクさせながら、パッセージの作りを考えながら楽譜を読む。
何も考えないで弾きとばすより、よっぽど効率的な練習になると思います。