きいたことのある音しか再現できない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

あるピアノの先生のブログを読んでいてこんな一言がありました。

 

「聞いたことのある音しか再現できない」

 

 

よくわかる例としては、

親子で声が似ていたり、話し方が似ているのはよくありますね。

おかあさんとこども

電話だと、お母さんと娘さんの区別がつかなかったりします。

ちなみにうちは、長男と次男は電話だとわかりません。

 

 

これは、幼少時に一番身近なお母さんの声やしゃべり方を聞いて、

子どもが再現していくからですね。

 

だから、いい演奏を聴きなさい、というのですね。

 

 

と同時に

レッスンで弾く、先生の演奏もとても大切になります。

 

 

お手本として演奏する先生の音が 乱暴だったり機械的だったら、

生徒さんはそのまま再現してしまうわけです。

 

 

私は過去に、芸大出身の先生3名に支持しました。

その3名は、同じなな先生という、講師の門下生。

 

指導法も似ていました。

 

 

あるとき、なな先生のリサイタルを聞きに行くと、

3名の先生たちと同じような奏法がたくさんありました。

 

こうやって技術や音色は伝承されていくのだなあ、と感慨深かったです。

 

 

長男のピアノ動画を見た方が、

私と間違えたことがあります。

 

もちろん、骨格などが似ていることもありますが、

知らず知らず、私の練習を聞いていたのでしょうね。