ピアノを弾くだけじゃないんです

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

とうやくんのレッスン。

 

念願のジュラシック・パークのテーマ曲を弾くことにしました。

 

ただ 出来上がった楽譜を弾くだけではもったいないな・・。

 

 

とうやくんに、移調譜を書いてもらうことにしました。

変ロ長調からハ長調へ・・。

半音上げて、楽譜を書く。

 

とうやくんは、絶対音感の訓練をしました。

その延長で聴音もしています。

 

今までの聴音やドリルの勉強で、基本的な楽譜の書き方は身についているはず。

 

 

簡単な説明だけして、実際に書くのは佐々木先生についていただきました。

 

 

なんと、洋服もジュラシックパーク柄です。

 

 

 

 

これはシのフラットで、それを一つ上げるには、

ドだからー

 

一つ一つの音を、根気よく移調させていきます。

 

 

 

佐々木先生は 合いの手のように 

 

そうそう

 

うーん、そうだねー

 

と言っているだけ。

 

 

 

でも、これが大事なんです。

 

移調譜を書くのは地味で根気のいる作業です。

とうやくんは、十分に力はあるけれど

一人で書いていたらきっと、いやになってしまうでしょう。

 

みまもり。

 

大事です。

 

 

 

るりちゃんのレッスン。

 

ワークの課題で、両手奏の楽譜が書いてあり、空いているところを自分で書いて完成させる課題。

 

4分の4拍子の設定どおりに1小節に4拍ずつリズムが書けています。

 

左手の伴奏和音にあったメロディで、途中2声になっておりなかなか凝っていますね。

 

こういう課題は苦手だと、とにかく拍数を埋めることだけ考えて1小節に全音符1個だけとか、どどどどと4分音符4個並べたり。

 

るりちゃんのは、メロディとして歌えるように考えた跡が見られます。

よくがんばりました!