旅立ちの日に 経験なしから合唱コンクールの伴奏を務めて

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

毎年、中学校では合唱コンクールが開催されます。

今年は各学校で対応がバラバラ。

 

千緒ちゃんの通う双葉中は中止。

 

ひろとくん、はるねちゃんの通う亀有中は いつも秋の文化祭中に

開いていましたが、今年は3月に延期して検討中。

曲は決まっています。

 

おととい。

あこさん(中3)お母さまからメールをいただきました。

 

「一昨年、去年と合唱祭伴奏のレッスンでお世話になりました亜子(大道中)です。
今年も伴奏を担当することになり
また先生のレッスンをお願いしたく連絡いたしました。
現在も伴奏レッスンを受講することは可能でしょうか。」

 

びっくりです。

 

 

このメールを見るまで、

「うわさどおり今年の合唱コンクールはないな。

他府県で合唱コンでクラスター発生なんて記事も出てたし」

 

と、独り決めしていました。

ピアノ経験がなかったけど、3年間合唱コンクールの伴奏者に

 

あこさんは ゆめピアノの生徒さんではありません。

小さいころにちょっとだけエレクトーンを習っていただけで

難しい曲の伴奏者に選ばれてしまった 

楽譜も読めないのにどうしよう・・

 

と言って、中一の時にレッスンに来ました。

 

部活もバスケ部。

 

 

基礎から教える余裕はなく、

昔長男に、ハレルヤを教えた時のことを思い出して、

手コピ(手の動きをコピーさせる)のレッスンをしました。

 

中2になり、また伴奏者になった時。

1年前に私が教えたとおり、楽譜を製本して持ってきたのが印象的でした。

 

そして中3。

今回の曲は旅立ちの日にです。

 

合唱コンクールの課題曲として歌い、

そのまま卒業式に、学年で合唱するのでしょう。

 

 

私は本当にこの曲が好きで、

一人カラオケに行って、歌ったくらいです。

ピアノの前奏 感想も本当に美しく、

作曲された学校の音楽の先生はすごいなあと思います。

 

もしかしたら

亜子さんとはこれで最後のレッスンになるかも。

 

彼女の旅立ちを応援できるよう、

レッスンしましょう