毎日ピアノを練習する方法  ご家庭の工夫

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

毎日ピアノを練習すること 継続が難しい人も多いと思います。

少しでもハードルを下げるヒントになれば・・。

 

少し前、小さなワゴンを入手しました。

キャスター付きでB4くらいの大きさです。

ちなみに、ジモティで1200円と格安。

 

レッスンで聴音をしたり鉄琴やハンドベル代としてもいいかなと考えていました。

 

まずは台所で使うつもりで、

普段はキッチンの真裏の位置に置いていました。

 

調理台までの距離、2メートルもありません。

 

 

ところが 必要な時に転がしてくるのが面倒で

全く使いません。

 

ちょっと邪魔かなと思いつつ、

流しの横に置いてみました。

 

まあ便利なこと!

 

私は料理の段取りが悪いので、すぐ調理台がいっぱいになります。

そういう時にちょっと鍋を置いたり、出来上がったものを置いたり。

宅急便の荷物を置いたり。

 

たった2メートル弱、場所を変えただけで、毎日使うようになりました。

 

ピアノ練習のハードルを下げる方法

 

勘のいい方はお気づきでしょう…。

 

ピアノも同じです。(という流れですね)

 

 

練習のハードルを上げてしまう事柄として

 

・ピアノの部屋の環境  暗い、寒い、リビング(普段家族、お母さんがいる部屋)から遠い

・ピアノ回り ピアノがカバーでおおわれている 蓋の上に物が置いてある

・ピアノそのもの 楽器の調律がされていない 電子ピアノのグレードが、ピアノの実力についていかない(お手頃価格の数万円の電子ピアノだと、ブルグミュラー以上の練習は厳しいです)

・ピアノ練習の孤独感 練習する時間帯に誰もいない

 

今月の面談で、ご家庭での対策がいろいろ聞けました

 

・ピアノの部屋が離れている・・・練習し始めるとき、お母さんが一緒に部屋に行く(これで暗い寒いも解決)

 

・楽器の調律 …この数か月に3軒、調律をしていただきました。楽に弾けると喜んでいます。

 

・ピアノカバー・・私は外してほしいのですが、ピアノの置き場所によっては必要かも。

       結構面倒なので、練習時間前に大人が外してあげる

 

・孤独感・・ちょうど帰宅するお父さんが、着替えの傍ら聞いてあげる(ちさとちゃん)

      会社からお母さんが電話で練習を聞いてあげる(よしひろくん)

 

皆さん、工夫されていますよね。

 

人間は3週間続けられたら、ずっと続くそうです。

ちょっとひと手間、ひと工夫で、ぜひピアノ練習のハードルを下げてくださいね。