合唱コンクール 電子ピアノで伴奏する理由とは

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

フェイスブックで、ピアノの先生のグループにいます。

このブログでもよく書いている、ピアノ教材研究の山本みめ先生のファン

700人以上のグループで、多くはピアノの先生です。

 

自分のレッスンでの悩みや教材の相談など、

私も随分お世話になってきました。

 

最近ほかの先生が書かれていたことで、

思わず怒ってしまいました。

 

なんでも、生徒さんの小学校で

合唱コンクールが開かれるそうです。

合唱伴奏

行事はおおむね自粛の中、いい学校だなー、と思っていると…。

 

 

例年通りオーディションが行われ、かなり努力して

生徒さんは選ばれたそう。

 

ところが

 

練習が進むうち、コンクールの本番は

電子ピアノを使うことになりました。

 

なぜか。

 

 

コンクールを行う体育館には グランドピアノがあります。

それが場所を取るため、人の間の距離を取るから ピアノは小さいものに、となったのです。

 

 

怒り心頭です。

 

 

だって、練習もオーディションもピアノでしたんですよ。

なぜ本番で電子ピアノ??

 

 

場所の問題だけなら、

ピアノを舞台から降ろせばいいのです。

 

次男の高校では、グランドピアノは下におろしていますよ。

というか・・・長男の小学校もそうでした。

 

 

確かに合唱コンクールを見に行った時にピアノは舞台上にありましたね。

なかにはピアノをぐるっと囲んで歌う、面白いスタイルもありました。

 

下にピアノを置いたら、聞いている生徒の間隔が狭くなる?

それほど体育館って、ぎっちりじゃないですよね?

 

 

私が親なら、絶対に学校に抗議してしまいます…。

せっかく、合唱コンクールを行う、という英断をしたのなら、

普段と同じか、普段より素晴らしい会にしたいじゃないですか。

 

 

・・と思わないのか。

 

 

きっと難しいんですよね。

たぶん、行事を行うこと自体、教育委員会には内緒なのです。