前向きな プラスに向かう声掛けを

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

練習をよくしてくる生徒さんはどんな子でしょう?

 

練習量が比較的多い生徒さんの年齢は、さまざまです。
ピアノ歴も。

「練習したいけどまとまった時間が取れない、

でもできるだけやろうと思ってやっている」生徒さんも含めます。

 

 

この人たちの大きな特徴は。

「練習をただ苦痛なものという捉え方はしていない」

 

 

もちろん、新しく出てきた課題で、まだ理解の途中で

「せんせ~、むずかしかった~、ひけなかった」

「途中までしかできませんでした」

と申告してくることはあります。

課題が大変でも、譜読みの段階でうまくいかなくてキレても、やっぱり練習はちゃんとしてきます。

では、なぜ彼ら彼女たちは

「練習というものを、ただ苦痛なだけだとは捉えていない」のでしょうか。

 

成功体験を積む

その理由は、

「方法を自分で見つけ出せて、うまくいった経験がある」

「苦労しても、とてもいい仕上がりになった、そして先生にたくさん褒めてもらってうれしかった」

その結果、

「練習は苦労だけど、やればやっただけのことはあると知っている」

ただ苦痛なだけなのではなく、この苦痛を超えたらできる、と確信できるのではないかという気がするのです。

小さな成功体験、ということでしょうか。

おうちの方の役割

練習の声かけで、「練習しなければダメ」という言い方をされていませんでしょうか?

男女

「片手づつがよく弾けるようになってきたから、両手もやっちゃおうか」
「来週までにばっちりできるようにして、先生をびっくりさせてみない?」
そんなふうに、プラスの声かけをしていただければありがたいです。

 

練習の課題の出し方の工夫

家庭で練習に取り組みやすい方法のアドバイス

 

これは先生の仕事です。

 

 

 

でも、次のレッスンまでの1週間、ご家庭で課題に取り組む際の環境づくりをしていただく

 

とか、

 

声をかける、目標設定が無理じゃないか、継続できているかをチェックすること

 

 

はご家族の方にお手伝いいただく必要があります。

 

生徒さん自身、おうちの方、先生 の3者が、

共通の意識を持っていると、ピアノの上達もスムーズです。