ピアノのお医者さん 調律師のお仕事

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

生徒さんきょうだいの、お母さんのピアノを調律しました。

 

調律師の中村さん 以前あいホールの調律もお願いしました。

2020年10月2日

一般のおうちではグランドピアノは珍しいですから、こういった風景を見ることもないのかなと思います。

屋根をあけて鍵盤を引き出し、いろいろ修理もします。

 

このピアノは前回の調律から少し間があいていること、

移動を経ていることから、鍵盤一つ分音程が下がっています。

 

 

調律師の仕事も大変です。

どちらかというと肉体労働ですが、慎重な作業や判断も求められます。

耳は悪いとできませんが、どちらかというと職人的な仕事ですね。

 

 

 

私たちピアニスト、リスナーは本来、調律師と深くかかわっています。

家で電子ピアノで練習している人も 発表会や学校のピアノは

必ず調律されています。

 

この秋、私は3台のグランドピアノの調律にかかわりました。

自宅のレッスン室、この池田さんのピアノ、そして

北海道大学の学生寮のピアノです。

 

北大のピアノは、気候と暖房の関係で

冬季は使用できません。

 

鍵盤が凍るそうです。

 

 

親元を離れて寮の仲間たちと勉学に励む(?)学生たちに

寒さで鍵盤が凍ってしまうその前の期間、調律された状態のいいピアノで

音楽に親しんでくれたら。

 

そんな思いで、協力しています。

 

リフレッシュして生まれ変わったピアノと

すっきりした気分で オータムコンサートへ。

仕上げの時期に入りました。