デジタル楽譜でピアノレッスン?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

インターネットで数年前のドラマを見ていたら、興味深いシーンが。

 

ピアノ伴奏で歌えるバーで蒼井優ちゃん演じる女性が

歌っています。

お友達が次の曲をリクエストすると、ピアニストが譜面台においたタブレットを

さっとひとなで。

 

そうです。

まず、お客さんの手元にある端末からリクエストを送ると

ピアニストのタブレットに届く。

 

そこをスラッシュすると リクエスト曲の伴奏譜が画面上に・・。

 

 

ということだと思います。

 

 

すごいです。

 

私も、カラオケボックスで端末から入力したリクエスト曲が

プレイヤーに飛んで、順番に曲が再生されるのは知っていますし、やってみたこともあります。

 

でも時代はもっと先に進んでいたんですね。

 

そのうち、タブレットに飛ばされたリクエスト曲のデータにしたがって、

ピアノ曲が自動演奏されたりするんじゃないでしょうか。

 

というか、たぶん技術的には今もできるのでしょう。

でもそこは、イケメンピアニストが自分のために伴奏してくれるという

空気が大事なので、演奏は生で行っているのだと思います。

 

 

デジタルスコア「GVIDO(グイド)」
グイド画像1

書き込みもできるようです。
グイド画像2

お値段18万円!!

試しに買ってみようと思うには、高いですね

年々増えて行く楽譜。使わないものは処分するようにしていますが、それでもピアノの楽譜にコーラスの楽譜に、増えることはあっても減ることはありません。

 

楽譜は持ち運ぶのも重いですし、約4,000冊分のデータが、この中に入れられると思うと、便利だなぁと思います。

ただ、何らかのトラブルでデータがとんじゃったら…と思うと、本番用にはこわいかなとも思います。

世の中はどんどん進化して行きますね。

 

そのうち生徒さんたちが、レッスンにデジタル譜を持ってくる時代が来そうです

 

レッスンバックもいらなくなって、スマートフォンに収められたデータを

先生のタブレットに送ってレッスン。

 

そんな時代が来ても、私は紙の楽譜でレッスンしたいなあと思います。