ピアノでクラシックを学ぶ理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノを習う場合、教材はクラシックの作品が多くなります。

ピアノという楽器が西洋から日本にもたらされたものであるという背景を考えると、それは当然のこと。

でもお子さんがピアノを習うからといって必ずしもクラシック興味がある、

関心があるというご家庭は多いとは言えません。

勢い、「知っている曲」「楽しそうな曲」をやりたいという希望が出ると、

クラシックが敬遠されるということも多いかもしれません。

 

とはいえ。 クラシックを学ぶことはとても意味があります。

そのことを改めて実感したのは、レッスンでの生徒たちの言葉からでした。

 

小学生の男の子。

指トレーニングで子ども向けのハノン、バロック作品の「プレ・インベンション」、

教本としてもよく使われている「ブルグミュラー25の練習曲」が彼の課題です。(転居による移動の生徒さんのため、引き続いて使っている教材です)

 

いわゆる「ハマるといい演奏ができる」ある意味ひらめきタイプの子ですので、特にプレ・インベンションの方は、私が出した課題が本人にハマらないと、「今日は右手しかできない」「左手無理」「両手はもっと無理」というようなことを言う日もあります。 

 

その彼が、たまに嫌な時もあるけれど課題をやっているのは、

 

「ボカロの曲とかはなんとか右手は音を聞いて弾けるけど、左手まで聞いて弾くのができない。 だから片手で弾いてるとなんかイマイチになる。 

かっこよく弾けるようになりたいから、うまくなりたいから、プレインベンションもハノンもやってるんだよね」

 

と、私に語ってくれました。

 

「うん、よくわかってんじゃん!!さすが!!大変な時もあるかもしれないけど、それがわかってるなら絶対うまくなるよ!!」

 

と励ましました。

 

一つの曲を練習すると、そこで使われるテクニックはほかの曲でも

応用できます。

 

リズム感に関しては、ワルツを1曲しっかり弾けたら

どんなワルツでも、リズムでは困らないことになります。