ピアノの壁

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

9才頃の子どもが、学習や日常生活の困難にぶち当たる時期だそうで、「10歳の壁」とも言うそうです。

ピアノレッスンにおいても、例外なく訪れる「壁」です

かべ

それまでは「こんにちは!」と笑顔でレッスン室に入ってきた子が、仏頂面で入ってきたり、こちらの問いかけに不愛想な応え方をしたり。

またレッスンで少しでもうまくいかないと、すねる、泣く、投げ出す・・・もちろん、すねようが、泣こうが、私は投げ出すことを許しませんが。

 

レッスン内容も教則本が進み、徐々に難しくなってきます。

これまでは5回、10回練習すればできたことが、5回やっても10回やってもうまく行きません。

 

「じゃあ100回やってみよう!」
↑これは大人の発想ですよね。残念ながら

イライラして「もう嫌!」となる子どもがほとんどではないでしょうか?

 

これまでは単純明快であった音楽も複雑になってきて、当然音楽的な表現も要求されますただ正しい音、正しいリズムで弾いていても、合格にはなりません。

心で感じて、頭を使って表現することが必要となってきます。

 

同じようなことが勉強でも起きるわけですから、子どもにとっては決して楽な時期ではないのかもしれませんね。

 

この年代の子どもたちのレッスンでは、うんと褒めたり、厳しく叱ったり、時に冷たく突き放したり・・・こちらもあの手この手。

いわば「根比べ」です。私は負けませんよ~

 

「ピアノが上達する=何かを我慢して練習する」のです。ゲームもしたいでしょう、テレビも観たいでしょう、ゴロゴロしたいでしょう。

でもそれをちょっと我慢して頑張り続けていたら、神様は必ずご褒美をくださいます「壁」に負けて、ゆるい方へと逃げてしまったら、ご褒美をもらえないばかりか、その先の生き方にも大きく影響してしまうでしょう。

 

その「壁」を越えるお手伝いを、優しく時に厳しくできれば、嬉しく思います

ちなみに、以前は小2の壁、というのがありました。

バイエルで導入をしていたころ。

ト音記号をしばらく続けてからヘ音記号に入ります。

 

その時期にちょうど学校で掛け算九九を習うのです。

頭の中は九九とヘ音記号でパニック・・。

 

今はバイエルを使わず、レッスン1日目からヘ音記号とト音記号を同時に覚えるので

小2の壁はなくなりました。