中高生のピアノレッスン

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

中高生のピアノレッスンの在り方について。

その子自身、ご両親、講師である私。
それぞれ考え方に大切な部分があると思います。

でも、根底はきっと同じ。

その子にとって、「ピアノレッスンに行きたいかどうか」「続けていきたいという気持ちがあるか」

練習できるか心配、時間に間に合うか心配、テストの時に受験の時にどうしよう。

いろんな心配が胸を過ぎられると思います。

でも、それは、まだ見えぬ新生活の不安であって、現在起こっていることではありません。

まず続けてみよう。やってみてから考えよう!

今回は練習について。

ひとりひとりお話して決めます。

将来の進路によっても違いますが、、、専門にしないならば・・・

今のまま進む、好きな曲に重きをおく、レッスンでリフレッシュ、人生相談、私に顔を見せにくる、見にくる

いろんな日があって良いと思います。

それまでにピアノの弾く力を付けているのだから大丈夫なんだよ。

練習できなくても、レッスンの時に少しづつ進めば良いんだよ。

私の理念は、ピアノが上達するだけではないピアノ教室です。

生きる力をつける音楽教育。

ご両親ではない、小さい時からずっと知って、成長を見続けられる大人がピアノの先生です。

何かあったら駆け込める安全地帯です。

何かあったかな~いつもと違うかな~ってなんとなく気づきます。

話し出したら聴くし、話さなかったら聞かない。
聞いて欲しい時もあるし、聞いて欲しくない時もある。

いつもと変わらぬ先生に会う。

話してみようかな…。

ピアノの音色に心が洗われる。

またちょっと進もうかな、違う風に考えてみようかな。

ピアノがあって私はいろんなことから救われてきました。

映画を観ても、本を読んでも、友達といても、救われるけれど、やっぱり私にとって一番はピアノなんです。

みんながそうだとは思ってませんが、やっぱり弾けたら・・・聴くより数倍効果が上がると想います。

レッスンが無くなっても弾く、というのが理想ですよね。

でも、レッスンがあるから弾こう、でも良いのでは、と私は思います。

そこからどこかに繋がっていくのです、絶対に。