ピアノで音楽的自立をする

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

拓郎さん(30代)のレッスンをしました。

 

大人のためのピアノレッスン第3巻に入りました。

3巻になると難しいでしょ、と尋ねると

 

大人のためのピアノ教本

「最近では、1時間半か2時間くらいでできるようになりました」

 

 

多分、初見から2時間くらい練習すると、一通りの音は並べられる

ということ。

 

2ページ弱の曲で、それなりに臨時記号もあります。

 

理由は

 

・この3年の練習、レッスンで、読譜がはやくなった。

・リズムパターンを覚え、このリズムはこの感じというのがつかめるようになった

・間違いに気づきやすくなった

 

読譜がはやいというのは ほんとによいことです。

日本語を読むのと同じくらいのスピードで楽譜が読めると、

新しい曲に取り組む苦痛がありません。

 

リズムパターンを覚えると、

正しく拍を数えながら弾くことができます。

 

 

間違いに気づくと その場で対策を立てられます。

気づかないで練習を続けてしまうと、

間違った音やリズムが定着してしまって、直すのに倍の時間と労力がかかります。

 

 

拓郎さんが偉いのは、

1か月~2か月に1回しかレッスンに来られないのに

毎日練習を続けていること。

 

 

レッスン間隔があくと、どうしてでも練習もさぼりがち。

レッスンの直前になって慌てて練習するのが一般的です。

 

張り合いもないですし、ほんとにこれでいいのかと

自信もなくなってきます。

 

それをコツコツ練習するのはパワーがいりますが、

つづけたからこそ読譜力もしっかりついてきたのでしょう。

 

これからもこの調子で

レベルアップしてほしいなと思います。