一つの曲を長くピアノで弾き続ける

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

6月にサマーコンサートを予定して、練習していた曲がそれぞれありました。

幸太郎君(小1)は

気に入っているらしい。

発表会の曲を弾きつづけている生徒さんが数名いらっしゃいます。、

こうたろうくんは

お姉ちゃんとレッスンを交代でピアノに向かうや否や弾き始めて、

「学校で弾いたら、みんなが (僕のことを)クラスで1番うまいって

言ったんだよ!」

と、誇らしげに伝えて下さいました♪

 

 

へぇ~ ほんと上手だもんね!

と、私もきっとそうだ♪ と思いながら言いましたが、

弾き続けてるだけあって、本当に6月よりもパワーアップしています。

 

 

結構テンポの速い曲で、

口をきゅっと結んで目も鋭く真剣そのもの、

思わず写真に撮りたくなるくらいです(笑)

 

 

フォルテからピアノに交互に変わる所も、

おぉ!?・・・聞き耳を立てるくらい、いい感じになっていて、

このままどこまで進化されるかなと、内心楽しみにしています。

 

一つの曲を長くひき続けるのは、とてもいい意味があります。

いつでも弾けるし、自信につながります。

 

ほかの難しい曲を練習していて、行き詰っていやになった時にも

長くひいている曲は気分良く弾けます。

 

 

多分小学生だったら、

おとなになっても暗譜で弾けるでしょう。