中1の夏 ピアノとの付き合い方を考える

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ちおちゃん(中1)は、音楽を専門に勉強することを決めました。

部活動もせず、音楽の勉強をします。

 

夏休み

私が師事している 細田真子先生にピアノレッスンをお願いしました。

初めてのレッスンの感想は

 

明るいけど 結構スパルタ

 

だそうです。

 

これから、細田先生に基礎的なピアノテクニックを教わりながら

私と そのほかの聴音・楽典・ソルフェージュを勉強します。

 

10月のオータムコンサート(ピアノ発表会)にも参加します。

 

ピアノを始める年齢が遅かったちおちゃん。

正直言って ほかの道に進んだほうが良いのではないかとも思います。

 

細田先生も

芸大、桐朋などの難関校は 無理だから あきらめてください。

 

とおっしゃいました。

 

千緒ちゃん自身がやりたいなら、

できる限りの応援をして、

本人が納得できるところまでやるしかありません。

 

大学受験までには少し時間があります。

ピアノのレッスンを続けながら

ピアノとの付き合い方を考えてほしいなと思います。

 

 

ハノン第1番のドミー で、多くの時間を費やしたレッスン。

よくできたからそれをあと30回。

 

スパルタかもしれないですね。

 

 

今までとは違うレッスン。

電車に乗って 月2回。

 

たくさんのことを学んでほしいです。

ピアノのテクニックはもちろん、

先生の人柄や、考え方 たくさん吸収してほしいと思います。

 

楽しいばかりではないと思いますが、

もし、ピアノの道に進まないことになっても、

きっと力になると思います。

 

暑い夏が続きます。

熱中症には十分お気を付けください。