たくさん居場所を作る 思春期とピアノレッスン

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

中学生になってピアノを続けられなくなることはおおいけれど

早ければ小学校高学年から、高校生くらいまで。「思春期」と言われる時期。

自分ってなんだろう、これからどうしたらいいの、そんな不安を抱えて、心に嵐が吹き荒れる時期です。

親として関わるのはなかなか難しい部分があるな、と、感じることも多いです。

どうしても「近すぎる」から。

はじめてのお子さんが思春期を迎えるパパ・ママは、こどもの変化に戸惑うことが多いと思います。

また、お子さんもなんだかいろいろなことが窮屈になってしまう時期だと思います。

 

学校は、どうしても成績という「目に見える評価」をする場です。

仕方がないことです。

 

習い事の先生は近過ぎもせず、評価はひたすらやっていることのみ。ピアノのような個人レッスンの場合は、関わりが密接になります。だから、別の評価軸があるということは気が楽になるのです。

中学に入るからピアノをやめさせなければ、と思う保護者のかた

 

思春期の子には「居場所」がたくさんあったほうがいい。いろいろな自分を試せるから。

 ここにだって、居場所はある。

 

そう思えるからこそ、思いつめすぎないんじゃないかなって考えています。