梅雨時の楽器とのつきあい方

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

梅雨らしいお天気が続きます。

印象としては、今年は気温が低い感じ。

 

ピアノやヴァイオリンのような 木材を主にできたアコースティック楽器には

梅雨の湿気は大敵。

 

木は水を吸ってふくらみます。

音程は下がり、ピアノの鍵盤が下がったままになったり。

ピアノ調律

 

どうすればいいか。

 

単純に湿度を下げるしかありません。

 

エアコンのドライ機能や除湿器で湿気を取る。

 

楽器の中に入れる乾燥剤は あまり効果がありません。

エアコンが普及する前の時代のものです。

 

そもそもピアノもヴァイオリンも ヨーロッパのもの。

乾燥した空気のなかで作られ演奏されてきました。

 

日本の高温多湿にはむいていません。

 

日本の楽器メーカーは、日本の気候にあった楽器を開発しつづけています。

音楽ホールにスタインウェイが普及しているのは

24時間温度湿度の管理ができるからです。

 

一般の家庭でも年2回はピアノの調律をお願いしたいです。

そのうち1回を梅雨にお願いすると

割と快適だと思います。

 

晴れた日にピアノのふたをあけて乾燥させるのもいいですね。

後はあきらめるというか

梅雨だから仕方ないなあという割り切りも必要かもしれません。

 

太鼓類は革がぶよぶよしてかなりひどいです。

タンバリンでさえボヨーンとした音になります。

 

お試しください。