ピアノに大切な手のフォーム はじめから

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノ指導で昔に比べて大きく変わったことは、導入期に教えるピアノのタッチです。

 

以前は「とにかく下までタッチ」と必死になりましたが、今はまず指の形とレガート重視で、タッチは二の次にしています。

ピアノ手の形

小さい子供は指の関節が柔らかくて、どうにかすると逆に反り返って弾いたりします。

悪くすると『まむし指』になり、矯正に時間がかかります。

 

 

大きな音で弾きなさい、と言ってもペタペタ弾いたり、音と音の間に隙間が出来たり、妙に身体に力が入ったりします。

なので、思い切って大きな音で弾かなくて良いことにしました。

 

 

その結果、1曲に費やす時間が短くなって、進むのが断然速くなりました。

 

今まさに導入期なのは、先日ピアノを買ったばかりのFちゃんです。

右手と左手が真ん中の『ド』から始まり、どんどん音が増えていく教則本を使っています。

 

Fちゃんは今、新しいことだらけの課題をすごい勢いでこなしています。

手の形が崩れなければ、今度は2分音符の脱力を教えていき、それから徐々にしっかりしたタッチを教えていくつもりです。

 

 

実際にFちゃんは、1週ごとに自然と音もしっかりしてきています。

 

 

他教室の発表会を見学してみると、やたらすごいスピードで弾いているけど
手の形タッチがしっかりしないために、音が浮く子供がいます。

 

「速く弾ける=上手」と思っている節があり、周りからももてはやされますが、近い将来つまずくのは目に見えています。

 

特に男の子に多いです。

 

手のフォームが安定して無駄な動きがなければ、陸上や水泳と同じで指も速く回るようになるのです。やはり導入期の指導が大切だと感じます。