効果的にピアノレッスンを受ける方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ピアノのレッスンと指導法などのセミナー。
共通点などを考えます。

【”積極的に、目的意識を持って受ける”ことで効果がアップ】

「困っていることがある」から受けるセミナーではない場合は、

とりあえず「興味を持ったから」という気持ちで参加してもいいです。

できればセミナー当日までに講師の先生のことについて少し調べたり、著書がある方であれば1冊読んでみるなどしておくとよいかと思います。

 

レッスンも、ただ受けているだけだと、先生に課題を指摘されていることに気づかないまま、代わり映えのしない自主練習をしてしまう、と思います。

 

今から受けるレッスンで、何かを学び取ろう、という積極的な態度で臨んでください。

【”受ける”だけでなく、復習を行うとより効果アップ】

「ああ~、いいセミナーだったわ~。面白かったし」

そんな気持ちで帰宅した先生方!!

セミナー受けっぱなしになってませんか?

 

せっかく講師の先生から知識を得たのに、活用できていない、そんなことってあるのでは?

 

例えばセミナーが指導法のセミナーとして、該当する生徒がいなくても、頭の中でレッスンのシミュレーションをすることがあります。

セミナーを受けてきて、夕方レッスンということも多々あるので、早速その日のレッスンに使えるネタは使ってみるとか。

 

なんとなくしていらっしゃる先生は多いでしょう。今より少し意識して行ってみてください。

レッスンも同じ。

 

レッスンを受けて帰宅すると仕事の時間だったり、夜で音が出せないということもありますので、その日のうちに再現できないかもしれません。

そう言う場合は楽譜を見直すといいと思います。

 

先生は、今の私の演奏のどこに課題があるとおっしゃっていたか。

レッスンを受けながら気づいたことはないか。

 

人は覚えたことの半分を翌日に忘れてしまいます。

思い出す、復習することで、少しでも身についていくといいですね。