ピアノ楽譜で、指番号が書いてない場合

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

童謡の弾き歌いの楽譜などでは

指番号が全く指定されていないもの

も数多く存在します。

ピアノレッスンの経験がある人は、なんとか自己流で指番号を考えても、無難な指番号になることが多いのですが、それでも、

「ちょ、ちょっと待って!!」

と止めなければならないことはあります。

 

まだ始めてあまり経験がない人の場合、その応用がきかないことが多々あります。

指番号はどうでも、弾ければいいんです。

とはいえ、指番号がある程度決まっているのには、やはり理由があります。

 

 

見ていると、手の動きが不自然に見えるということが非常に多いです。

また、「別にこれで弾けるからいい」と本人が言っていても、どうも弾きにくいこともあります。

直したあと、再び弾いてもらうと、

「え、こんなにすんなり弾けるの?!」

と、本人が驚く、という様子もレッスンで見てきました。

 

もし指番号が全く書いてない楽譜を弾く場合、以前弾いていた曲の音型と同じような指番号で弾けそうなら、書き込んで置くと良いと思います。

 

童謡の場合、同じメロディで伴奏が違うものが、別の出版社から出ているケースが多いです。

別の楽譜を見て、指番号が書いてあればそれを参考にするとよいです。