保護者も お子さんのピアノに関心をもって

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノレッスンを始めたばかりのゆいちゃんは、あっという間に両手でのレガート奏法をマスターしとても順調です。

しかし、お休み中はお母さんの田舎に行くらしく、お母さんはその間の練習を心配していらっしゃいました。田舎の実家にはピアノがないそうです。

 

地元の楽器店に当たってみたところ、空いている時間なら1時間千円で貸していただけるとのことでした。

とりあえず良かったですが、最近の若いお母さんは熱心な方が多いので感心です。

 

 

ゆいちゃんのお母さんはピアノを習ったことがないので、ゆいちゃんが幼稚園に行っている間にこっそり練習されているそうです。

 

「そんなことができないの?」と思って見ていても、実際に自分がピアノに向かってみると全然できない、とおっしゃっていました。このことはとても大事だと思います。

 

 

ピアノを習ったことがあるお母さんは、上から子供を見すぎる人が多いようです。

自分が苦労したことを忘れて、「どうしてそんなこともできないの?」と言ってしまいがちです。

 

またお母さんの中には、まったくピアノに無関心な方もいらっしゃいます。

「練習しなさい。」とは毎日言うけど、それはお月謝がもったいないと思っているだけであったりします。

 

 

子供が勉強やピアノを練習している時間は、付きっきりでいる必要はありません。

お母さんも自分の勉強や仕事、作業の時間に当てるなどして、

共に努力していく姿が大切なのではないかと思います。