ピアノで遊ぶ 男の子たち

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

とうやくん(年長)のレッスンノート

先週の土曜、朝から雨で、午後は雪になった日です。

とうやくんは午前中に来たので、おてんきは「あめ」。

 

「スケールアルペジオが下手」

 

ずいぶん自分にきびしいこと!

弾いてもらって 理由がわかりました。

 

短調のスケール(音階)は種類が3つあるのですが、和声短音階で・・。

上から2番目(導音)は半音上がる。この日のものには、シャープがついています。

 

なんと!!

とうやくんはフラットにして弾いていました。

明らかに気持ち悪い音階・・・。

 

それは自分でもわかっていたから「下手」と書いたのでしょう。

 

そこまでわかっているなら、直せばいいじゃん。と思いますが

変なことまでわかっても直せない、どうやったら正しくなるのかわからない。

 

そういうことはよくあります。

とうやくんも、♯♭が理解できてないわけではないんです。

 

ほかの曲、ほかの音階でこういったミスはありませんからね。

 

失敗をして経験値を上げて、次に似たことが起きた時に

「もしかしたら臨時記号を弾き間違えてんじゃね?」

と、疑って見られたら今回のレッスンは成功です。

 

これはゆうとくん(小1)。

ん?一番下は何でしょう?

音符の旗もト音記号もとっても上手なのに…。

 

えのきだけみたいですね。

 

ゆうと君、ドリルのほかのページと見比べて、

「オーマイガー!!」