ピアノで2曲続けて弾くときの注意点

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

発表会はグレードテストで、2曲続けて演奏することがあります。

 

2曲を弾く場合の注意として、それぞれの曲の世界をはっきり打ち出すことを考える必要があります。

順序については、クラシックなら時代順。バッハのあとにショパン、ベートーヴェンの小品のあと、ギロック、などです。

テンポが速い曲を先に出すか、あとに回すか、について、私はいつも悩みますが…。
効果的なのは、テンポの速い方をあとに回したほうがよいです。

 

「月光」の2・3楽章を続けて弾く(全楽章弾くには余裕がないが、3楽章だけだと時間的に微妙な場合など)というような例です。

曲のイメージが異なる組み合わせの人数人に、「どういう点に気をつけているか」とレッスンで尋ねたところ

・1曲目がゆっくりなので、2曲目のひきはじめをのんびりしすぎない

・1曲目を速い曲にしているが、その勢いで2曲目を演奏すると息切れするので注意したい

・同じ拍子なので、別の曲、と意識して弾く

など、意見が出ました。

みなさんはいかがですか?発表会、試験、などで複数の曲を弾く機会があると思います。自分はどうするか、ということを考えてみてくださいね。

時期的に発表会のお教室も多いことでしょう。みなさんがステージでご自身を表現できますように。