自分にぴったりのピアノ教室を探す方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

春からピアノレッスンを始めようと、教室を探している方も多いこの時期。

私が自分の先生を探すときに考えたことをお話します。

 

 

体験入学をしてみて、自分自身楽しいか

楽しんで興味を持って学べるか? 基本はまずこれだと思います

先生の指導方法によって自身の感触も全然違います。

個人教室でない場合は把握しづらいですが、その際は曜日などの相談次第で先生の変更は可能なはずです。

ピアノ教室

どのような将来を考えているか

個人教室の場合だと、積極的に資格取得のための試験やコンクールに向けて練習を勧めてくれる先生と、逆に非積極的な先生がいます。

 

ヤマハなどの大手の場合は、そういった練習が必然的に組み込まれていて、立派に資格を取得すれば将来役に立つものにつながります。

 

音感や基本的なことが身につき音楽を楽しめればよいか、将来的には役立つ力として伸ばしていきたいか、よく考えておきましょう。

ここは案外重要ポイントだと思います。

 

個人でも大手でも機会があれば発表会を鑑賞してみる

「この先生に教えてもらいたいな」とか、「この先生はイマイチ違う」とか、不思議と感触がつかめます。

曲選びからも好みがみえてきますし、全体の流れから完成度の良し悪しもわかります。

 

 

カリキュラムをこなすだけでなく、完成までサポートしてくれるのも、先生としての大切な役割だと私は思います。

発表会という場は全体を把握できるよい場だと思います。

 

その他にも、「こんな曲が弾けるようになりたい!」などいろいろな希望がある場合。

体験レッスンでどんどん質問して、自分にあっているかどうか、希望に沿ったレッスンが可能かどうかを把握することが大切です。