ピアノ男子の 特徴とは

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

うちの教室には、男性生徒さんが3分の1いらっしゃいます。

 

上達に男女差はない、男子たちの独創的な発想や、行動パターンは、実に面白い。

ちょうど水曜日は、男子ーずがレッスンに来ていたわけですが。
学年もピアノ経験も曲すら異なるのに、共通点があったので驚きました。

「仕上げが雑」

なのです…。

 

ピアノ男子
できなくて雑になるのではないところがポイント。
しかも、こだわるときはとことんこだわり、私がいい加減長くやってるから、
「もう大体できてるけど…どうする?」
と聞くと、納得できないと絶対マルでいいとは言わない彼ら。

そして、雑じゃない時もある。

例えば、どういった部分で雑になるかというと、「弾くことに夢中になってしまう」ようなのです。
中学生のAくんには、よく「落ち着け~落ち着け~」と言ってますが。

 

散々、「楽譜を細かく見て!」「指番号もチェックするのよ~」「そこに書いてある記号は?」と言っているにもかかわらず全部すっとばし。

もちろん悪意は全くない。ただ「うっかり」「やらかした」だけ…。

ちなみに男子にはあまりくどくど言わない方が効果的です。
たまに本人に丸投げします(^O^)
意図的にね。

楽譜に「じぶんで」

と書きこんで、全部自分でやってもらう。

 

 

あと、分析をしっかりやっておくことと、いいところをとことん持ち上げてやっていくのもポイントですね。
このポイントは男女にかかわらず、大切ではあるんですが、女の子は分析が苦手な子も多いです。

 

ほめ方も、女の子だと「音が綺麗になった」「素敵になった」など表現的な部分を

中心に褒めます。

男の子は「今の弾き方カッコイイ」とか「進歩した」という表現で褒めることが多いです。

男子は行動パターンが読めなくてええ~っていうこともありますが、面白いのは間違いないです。
私は男子のレッスンもはじめから苦にならず、ずっと指導をしてきましたが、男の子は苦手という先生も多いみたいですね。

私が苦手なのは 何も発しない子でしょうか・・。

今はそういう生徒さんはいないのですが、レッスンにきている何年間も、

声を聴いたことがない! という子がいました…。