ピアノレッスンで緊張してしまう どうすればいいの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

2月からレッスンにいらしているWさん。

 

ハノンのやり直しに、子どもの頃使ったことがなかったという「ブルグミュラー25の練習曲」を使っていただいています。


ピアノ経験は割りとある方ですが、

諸事情あって以前の先生をやめていらしたこと、

ブランクありで自信がないとおっしゃっていること、

表情のある曲がお好き という理由です。

おひさま

1回目の演奏はとても緊張されるようです。

先々週くらいのレッスンの際に、こんなことをおっしゃっていました。

「子どもの頃の先生も、以前ついた先生も、弾きながら直していくスタイルでした。

今は1曲通して聴かれて、それから手直しが入るので1回目は緊張します」

私も昔はそのスタイルでやっていた時期もあります。

 

でも、最後まで聞き切れなくなることもあり、せっかく練習してきたものを

聴いてもらえないというのは悔しいだろうということで、

最初に1回はすべて聴くことに

 

 

今週も、ブルグミュラーの4番「小さな集会」1回目は3度の重音で降りてくる部分で、音が抜けそうになったり、体が硬かったり、しました。

 

「やっぱ緊張しますかね」

「緊張しますね…。これでも先生のレッスンにはちょっと慣れてきたんですが…」

「それはしょうがないですよ。私も自分の師匠のところへレッスンに行っているんですが、”あ、今回は結構練習できてんじゃん”と思ってても、1回目は緊張しまくりなんですよ」

 

「え~、そうなんですか」

1回目緊張しちゃうのは当たり前なんですよ

そんな話をしました。

 

 

この「1回目やたらと緊張しちゃう」というのは、子どもの生徒さんではあまり起こらない現象です。
間違えちゃっても「あ~まちがえちゃったえへへ」とか「まちがってたからもういっかいひく!」なんて反応が返ってきます。

 

 

大人の生徒さん、緊張するのは仕方がないことなんです。

初心者や再開して間もない方、先生を変わったばかりの方の場合は、まず「緊張する自分」を受け止められるまで、待つこと。

 

 

中級以上で継続的にレッスンを受けていて、人前で弾く機会がある方は、「緊張しちゃっても何とかする方法」を考えることが大事です。

 

私も大人の生徒さんを指導した経験が長くなってきたので、カテゴリを1つ増やしました。

大人の方は様々なケースがありますが、子どもの生徒さんとは違う部分が多く、でもそれも指導上面白いし、発見も多いですね。