合唱のピアノ伴奏での喜び

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

夏休みに入る頃から、合唱伴奏の楽譜を手に練習に励んでいた生徒さん達が、
先月末あたりから今週にかけて、各小中学校で合唱伴奏の本番を迎えています。

学校内の父兄に聴いて貰える、クラスや学年の合唱だったり、
区内音楽祭に出られるクラスを選ぶ演奏会だったり、
合唱の内容はそれぞれなんですが、
ピアノ伴奏と言えば、結構に責任のある大役ですものね、

みんないい演奏になるようにと、一生懸命に練習していました。

 

 

小学3年~中学2年まで、うちの教室からも14名が合唱伴奏を手掛けていましたが、
先月末からはボチボチと「合唱の本番が終わりました」という報告を聞ける頃となり、
お母様からも「感激しました!」という連絡も頂きました。

 

クラスの歌がとっても上手で、区内音楽祭の出場権を貰った生徒さんも、
最優秀賞を貰ったクラスも、伴奏賞を貰った子もいました。
本当にみんな頑張ったね、おめでとう

 

 

合唱伴奏は、みんなの歌と合わせて一体となって音楽を楽しめるということも、
お友達からも、「〇〇ちゃん、ピアノ上手だね」とか「すごーい」とか
言われることもあったりして、、、

 

 

あんまり自信のなかった子にも、
心にグッとくる!嬉しい思い出になるんじゃないかな?と思います。

多くの音楽体験で得られる、「嬉しいこと」はこの先もずっと忘れず、
いつまでも音楽を楽しんでくれたらと願っています。