夏ならではのピアノ練習の工夫

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

今年も8月半ば、
1年の半分以上が過ぎてしまいました。

蒸し暑い天候が続いて、
レッスンに来る生徒さんも
ちょっと疲れ気味で、集中力にかけることが多いですね。

この時期それは仕方ないとして、
練習の仕方をちょっと変えてみるとよいですね。

一度に長く続けるのではなくて、小分けに練習をするとか、
どれか1冊の本に集中するとか、いつもと同じスタイルではなくて
この時期、自分が疲れない、やりやすい方法で、練習してください。

私は、暑さ関係なくたぶん年齢のせいで
15分以上続けて練習することが難しいです。

なので、曲を通す練習は、1回弾くだけで終わってしまう。
ページごとなど、区切ってすることになります。

本番があって仕上げるときにはある程度インテンポで通すことも大事です。

それ以外はほとんどが部分練習ですから、。
長い時間続けて練習できないことを、あまり気にしなくてよいと思います。
けんばん

それから、鍵盤をきれいにふいていますか?
うちの場合、1日レッスンが終わって、鍵盤クリーナーで磨くと真っ黒。
汗をかくからです。

以前、そういうよくない状態で練習を続けて,ひょうそになってしまいました。

コツコツと毎日続けることが大事です。

私も暑さに負けず、日々の生活、
元気にすごしたいですね!