白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ピアノを考えながら練習する

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

私も、自分のレッスンに通っています。三木蓉子先生という方です。
「三木蓉子」の画像検索結果
今はショパンのエチュードなどを練習していますが、方法について、先生にメールで質問しました。

大洋のエチュードというアルペジオの連続する曲。

質問 何度か録音しましたが、どうしても一つずつの音が聞こえすぎます。

__答 和音でつかむ練習の際、和声の色合いを感じながら、より良い音色バランスで音楽的に、耳を使って練習してみてくださいね。

手首や指の付け根、肘などを固めてしまうとレガート奏法が効かないのでご注意ください。

リズム練習の際は、絶対にミスの無いように、確実にタッチする事に集中して、練習方法によって目的を変え、楽譜通りに弾いた時に総合的に良くなっているように心がけてみて下さい。

丁寧なお答で、ありがたいです。

一番肝心なのは、練習方法によって目的を変え というところ。

たぶん、ゆめピアノの生徒さんも 弾けないところをゆっくり片手でひいたり、スタッカートなどリズム練習をしているでしょう。
5回とか。

先生に言われたから、しているのだと思います。

でも、ピアノを始めて数年たち、楽譜を読むのに精いっぱいな時期が過ぎたら もっと考えながら練習したいです。

どうしてゆっくり練習するか。
音をよく聞くため?
指番号を確認するため?

スタッカートにするのはなぜ
1音1音はっきりひくため?
音の粒をそろえる?

ひとつずつ考えながらていねいに弾く。
そうすれば、根性で100回弾いたりしなくても、効果が上がると思います。

 - ピアノの練習方法 いろいろ , , ,

  関連記事

同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由 その2  強弱をコントロールして表現力を高める

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今回は、同じ楽譜を見て …

ゆびうごく
ピアノ初心者のための 指を思い通りに動かす7つの秘訣

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 「どうして速く動かないん …

ピアノ演奏の基礎4 跳躍した音を正確に弾く

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 間違った音を弾いてしまう …

ピアノ独学 困ったときの3つの解決法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 独学でピアノを練習している …

楽譜
ピアノを暗譜で弾く 15のコツ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 曲の仕上げの時、そして人前 …

ピアノ連弾の練習で大切な4つのこと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 華子さんのレッスン。 週末 …

ピアノの指くぐりのコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は初心者の関門、ピア …

笑顔
ピアノレッスン 長続きしている人の5つの特徴

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです. 今、教室には、年少さん …

ピアノ
ピアノで和音を弾くと、隣の鍵盤も弾いてしまうとき

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 和音を弾くとき、隣の鍵盤も …

ピアノ演奏の基礎2 レガートをきれいに

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ひとつひとつの音をなめら …