白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

絶対音感ってなに?

絶対音感とは、音を聴くとすべてをドレミで答える能力があることをいいます。
完璧な絶対音感がつくと、机をたたいた音や、包丁で野菜を切っている音なんかも、ドレミで答えることができるようになります。

ただ、絶対音感がつくことの目的はそんなことではありません。

絶対音感がつくことのメリットは大きく2つあります。
1つは、成長期の子供の脳にとてもよい刺激ということ。
もう1つは、音楽で自己表現することが簡単になることです。
曲の譜読みも速くなり、暗譜も楽にできます。

「アインシュタインファクター」という本で書かれていますが、絶対音感には単語の理解力や、数学の能力に使う脳を大きくする作用があるとも言われています。音楽家になってほしくても、そうでなくても、子供の脳の発達に良い影響を及ぼすことは間違いありません。
また、音楽で表現することが簡単になるということは、「作曲ができるようになる」ということです。すべて頭の中で音が形として見える状態になるので、鼻歌でメロディーを考えたものが、瞬間的に楽譜に直せるようになります。そうすると、純粋に作曲することを楽しめるようになるようです。

このレベルまでいくと、本当の音楽の楽しさが理解できるのかもしれませんね。言葉をしゃべるような感覚で、すらすらと曲を作ったり、即興で曲をアレンジしたり・・・。喜びの感情や悲しみの感情をそのまま、ピアノで表現できるようになるでしょう。

絶対音感は、「天才」の人がはじめからもっている能力ではなく、訓練すればほとんどの子供が身につけられる能力です。ただし、年齢が6歳半までにはじめるち、身につきやすいというデータもでています。私の教室の生徒さんは、8歳以降に始めて絶対音感は身についています。ただ、この場合はちょっと時間がかかったり根気が必要になったりします。

ゆめピアノ教室では絶対音感トレーニングを、おおむね6歳半までの小さな生徒さん限定でレッスンカリキュラムに導入しております。

それ以上の年齢の方はご相談になります。

脳の基礎体力をつけたい方で6歳半以下のお子様の場合、是非体験してみてください