白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

2014 サマーコンサート(ピアノ発表会)

葛飾区亀有藍ホールで、発表会を行いました。

2014発表会今回、発表会初参加のあやかちゃん

連弾で「魔法使いの夜」 8分の6拍子で少し難しめでしたが、止まることなくきれいに弾けました。 フレーズの切れ目で、しっかり呼吸ができるようになるともっといいと思います。 ソロではディズニーから、「小さな世界」 あやかちゃんとしては少し背伸びをした感じですが、 たくさん練習しました。 そのかいあって、暗譜で流れもよく、元気な曲に仕上がっていました。

 

発表会は2度目の参加のえりちゃん

ソロで、「妖精のハープ」「君をのせて」の2曲 小学校1年生でまだ体も小さくて・・。

でも、体全部を使って広い音域の妖精のハープを、とっても素敵に仕上げました。 君をのせては、ジブリでみんながよく知っている曲 スキルとしては、少し難しいところもありました。 レッスンで、何回やってもうまくいかなくて 「ふう~」ってため息をついちゃったりもしましたね でも、ほんとうに映画の「天空の城ラピュタ」が 目の前に見えるような、力強さのある演奏でした。

たいちくんは、連弾で「もりのまつりだ」 ほんわかした太一君にぴったりの曲。 一つ一つの音を、丁寧に弾いて、とてもきれいでした。
ソロはゲラゲラポーの歌。 アニメ「妖怪ゲラゲラポーの歌」の主題曲です。 はじめからこの曲が弾きたくて、でも難しくて…
レッスンで思わず涙が… でも、あきらめないで、できないところを何回も練習して、 しっかり、確実に弾きました。

のぞみちゃん ゲラゲラポーの歌」は、軽快なリズムとテンポでノリノリに弾けました。
直前まで課題になっていた、最後のユニゾンも、慎重にバラバラにならずできましたね。

連弾の「おつきさまのふね」、短調でしっとりしていて、七夕前にぴったり。
強弱もよくついてすてきでした。

プログラムにはのっていない「大きな古時計」、6月の終わりにうまく仕上がってきたので、
弾いてみようと勇気を出しましたね。
スキルとしてはかなり難曲に挑戦しましたが、集中して精いっぱい頑張れたと思います。

けいかちゃん、初めての人前での演奏。6月に2回レッスンをおやすみしてしまい、うまく弾けなくて泣いてしまったことも…。

でも、お姉ちゃんやお父さんにもちゃんと聴いていただけて、本当によかったです。

「とうげのわが家」は、しっかりと正確に、素直な曲に仕上がりました。

「さらさら小川」も、暗譜で、丁寧な演奏でしたね。

りのちゃん、もうたくさん人前で弾いています。

「マリちゃん、パンをおあがりなさい」は、なめらかでそつなく弾きました。

「美女と野獣」ディズニーで有名な曲。

左手と右手の、複雑な組み合わせのリズムに、かなり苦戦しました。最後の1週間でぎりぎり暗譜して、

それにしては落ち着いてひけたと思います。

さゆみちゃん、人前で弾くのもずいぶん慣れました。レッスンでも余裕をもって仕上げて、本番もほぼ、いつも通りに弾くことができたと思います

「田舎の庭園」は、フレーズが途切れずに弾くことに注意して、強弱もしかりついてメリハリのある演奏  「アラベスク」は左手のリズムがくずれないよう、注意深く弾けました。

アラベスクはだれでも耳にしたことのある、有名なブルグミュラーのピアノ曲もう少しテンポを上げて、軽い感じが出たらもっと良かったな~、と思います。

 

美和さん、ベートーヴェンの「悲愴」第2楽章

たくさんの和音をつかみつつメロディーを浮き出させるテクニックに集中しました。

とても良く弾けていたのですが、途中とまってしまい復活するのにちょっと手間取りました。それでも暗譜まで最後まで弾ききり、この曲の持つ重厚さ、ゆったり感もよく出ていたと思います。ちょっとのミスをうまくフォローしてつなげるコツ、これから一緒に探していきたいです